【KEIBA】2021年 第38回ホープフルステークス

ホープフルステークス キラーアビリティ競馬-KEIBA-
ホープフルステークス キラーアビリティ

【KEIBA】2021年 第38回ホープフルステークス

この記事は2021年12月28日(火)に中山競馬場にて行われるホープフルステークスのまとめ記事となります。

開催日:2021年12月28日(火)
レース名: 第38回ホープフルステークス
開催場所:中山競馬場 9日目 11R 芝2000m (A)
右回り 内回り
出走枠:15頭(エントリー)

出走条件:2歳・オープン・G1(馬齢)(牡・牝)(国際)(指定)

レースレコード

タイム : 2.01.4
第34回優勝馬タイムフライヤー

タイムフライヤー
なんだね

【アイキャッチ画像 創作者】Patou Ricard氏による創作Pixabayからの画像

レース結果
【2021ホープフルステークス】

馬場状態

芝 :良馬場
クッション値 : 9.1
タイム : 2.00.6

レースレコードタイム決着となりました!
しかもG1になってから
第34回優勝馬タイムフライヤーくんの
タイム : 2.01.4
を大きく短縮しました。

【ラップタイム】
12.6-11.3-12.0-12.2-12.0-12.0-12.2-12.2-11.7-12.4
ラップタイムを見ると息をつく時がないので
逃げたグランドラインくんとボーンディスウェイくんは苦しかっただろうけど、
それについていき最後抜ききったキラーアビリティくんは強かったとしか言えない。
このラストを演出するための調教だったんだと思う。(残り2ハロンのタイムは早いが
ギリギリ先着させないように追い込んでる)

レース結果
注目の2頭がワン・ツーでいい締めくくりとなりました。

【優勝馬 キラーアビリティくん 馬主キャロットファームより】

画像出典:キャロットファーム

キャロットファーム公式より

優勝
1着 キラーアビリティくんに決まりました。 横山武史騎手
強い勝ち方でしたね!
クッション値が9.1と思ったより低かったのと、体重マイナス2キロの2点が引っかかって馬券は買いませんでした。w (調教では◎をうったのに・そんなもんですw

2着 ジャスティンパレスくん クリスチャン・デムーロ騎手(短期免許)
クリスチャン・デムーロ騎手が乗るのでどんな競馬をするか楽しみにしていました。
クリスチャン・デムーロ騎手が乗り、控える競馬を初めてした。
この競馬がさらなる飛躍につながるか?
クリスチャン・デムーロ騎手には来年も日本で乗ってくれると楽しみだなと思います。
(ヨレた様に見えたのがなんでかわかりませんが、あれがなければ・・タラレバ話

3着 ラーグルフくん 丸田恭介騎手

4着 フィデルくん 川田将雅騎手

5着 ボーンディスウェイくん 石橋脩騎手

追伸
この希望に満ちた若駒たちと成長していけたらと思います。(今レースに限らず)
最近やっと血統を覚え始めたらもっと面白くなってきた!

【レース結果詳細】

順位 馬名枠番馬番性別年齢体重増減斤量騎手タイム着差上がり3ハロン通過順位人気単勝オッズ
1着 キラーアビリティ352468-255横山武史2.00.635.83-3-3-323.1
2着 ジャスティンパレス582450055クリスチャン・デムーロ2.00.81 1/235.75-5-5-548.8
3着 ラーグルフ2324961455丸田恭介2.01.01 1/4367-5-5-3829.8
4着 フィデル7132476-255川田将雅2.01.1 3/42位 35.412-12-12-11722.4
5着 ボーンディスウェイ592494455石橋脩2.01.136.52-2-2-21039.2
6着 マテンロウレオ6102478455横山典弘2.01.1ハナ3位 35.69-10-10-9934.4
7着 アケルナルスター222454055柴田大知2.01.1ハナ1位 35.114-14-14-131285.5
8着 シェルビーズアイ112472055松田大作2.01.31369-8-8-813153.7
9着 グランドライン342514055三浦皇成2.01.4137.11-1-1-11180.9
10着 アスクワイルドモア81524741255武豊2.01.5 3/435.713-13-12-13515.1
11着 オニャンコポン7122474455菅原明良2.01.71 1/436.83-3-3-5617.3
12着 コマンドライン462530855クリストフ・ルメール2.01.8クビ36.311-10-10-912.9
13着 サトノヘリオス472478655岩田望来2.01.8クビ36.58-8-8-537.7
14着 クラウンドマジック6112510855岩田康誠2.02.2235.815-15-15-1315243.4
15着 タイラーテソーロ8142476455内田博幸2.03.0537.95-5-5-1114176.6

【レース映像 JRA公式You Tubeチャンネルより】

 

出走表

枠番・馬番が決定したので追記します。
2歳馬戦となるので産まれた日もいれてみました。
2歳馬戦でいずれも2019年産まれですが、一番早く産まれた『キラーアビリティ』が1月27日
一番遅い『ボーンディスウェイ』が5月19日と3ヶ月近く離れておりこの成長段階ではかなりの差が生まれるのではと思います。ただハーツクライでもありながら『ボーンディスウェイ』はすでに4戦も走っておりレース経験面では多いほうですね。

馬番 馬名性別年齢誕生日(2019年)騎手所属調教師前走馬体重戦数斤量前戦との間隔血統 父血統 母血統 母父
1 シェルビーズアイ22月 3日松田大作(栗)武英智4721553ハービンジャーポントマイコゼンノロブロイ
2 アケルナルスター24月16日柴田大知(美)清水英克4542556トーセンラーパリージョタイキシャトル
3 ラーグルフ22月25日丸田恭介(美)宗像義忠48235512モーリスアバンドーネファルブラヴ
4 グランドライン23月 4日三浦皇成(美)高木登5125553ドゥラメンテグランシャルムDylan Thomas
5 キラーアビリティ21月27日横山武史(栗)斉藤崇史4703558ディープインパクトキラーグレイシスCongaree
6 コマンドライン22月20日クリストフ・ルメール(美)国枝栄52225511ディープインパクトコンドコマンドTiz Wonderful
7 サトノヘリオス23月22日岩田望来(栗)友道康夫4723552エピファネイアエアマグダラサンデーサイレンス
8 ジャスティンパレス24月12日クリスチャン・デムーロ(栗)杉山晴紀4502556ディープインパクトパレスルーマーRoyal Anthem
9 ボーンディスウェイ25月19日石橋脩(美)牧光二4904553ハーツクライウィンドハックPlatini
10 マテンロウレオ24月22日横山典弘(栗)昆貢4741558ハーツクライサラトガヴィーナスブライアンズタイム
11 クラウンドマジック23月21日岩田康誠(栗)加用正5024558エピファネイアクラウンドジャックヴィクトワールピサ
12 オニャンコポン22月11日菅原明良(美)小島茂之4702557エイシンフラッシュシャリオドールヴィクトワールピサ
13 フィデル24月22日川田将雅(栗)友道康夫4782554ハーツクライラッキートゥビーミーBernstein
14 タイラーテソーロ22月18日内田博幸(美)栗田徹4721555ゴールドシップノウStreet Cry
15 アスクワイルドモア22月23日武豊(栗)藤原英昭46245516キズナラセレシオンゼンノロブロイ

仮出走表

4年連続で牝馬の出場はなさそうです。

仮番馬名年齢斤量所属調教師プレレーティング 該当レース
1アケルナルスター255(美)清水英克
2アスクワイルドモア255(栗)藤原英昭101札幌2歳S2着
3オニャンコポン255(美)小島茂之
4キラーアビリティ255(栗)斉藤崇史105萩S2着
5クラウンドマジック255(栗)加用正97野路菊S2着、萩S3着
6グランドライン255(美)高木登102芙蓉S2着
7コマンドライン255(美)国枝栄109サウジアラビアロイヤルC1着
8サトノヘリオス255(栗)友道康夫
9シェルビーズアイ255(栗)武英智
10ジャスティンパレス255(栗)杉山晴紀
11タイラーテソーロ255(美)栗田徹
12フィデル255(栗)友道康夫107京都2歳S3着
13ボーンディスウェイ255(美)牧光二
14マテンロウレオ255(栗)昆貢
15ラーグルフ255(美)宗像義忠103芙蓉S1着

調教と馬体など

調教タイムで特に目立ったもの、坂路、ウッドを調べてみました。

また調教後の馬体重も記載しました。
25日26日にかけて最終の追切が行われたあとの調教後馬体重となります。
(ここから輸送などで減ったり増えたりします。)
JRA公式ニュースより ホープフルステークス調教後馬体重

馬番 馬名調教後馬体重(前走馬体重)所属調教師坂路4Fタイム-4F-3F-2F-1F(ラップ)4Fタイム-4F-3F-2F-1F(ラップ)ウッドチップ5Fタイム-2F-1F(ラップ)
1 シェルビーズアイ474(472)(栗)武英智121855.0-16.3-13.7-12.6-12.4122557.6-15.1-14.8-14.6-13.1
2 アケルナルスター460(454)(美)清水英克121555.1-15.6-13.8-12.7-13.0122453.9-14.8-13.9-12.7-12.5
3 ラーグルフ496(482)(美)宗像義忠121955.3-15.2-14.6-12.9-12.6122555.5-15.4-14.2-13.2-12.7
4 グランドライン524(514)(美)高木登121955.2-14.8-14.7-13.2-12.5122466.4-12.0-11.7
5 キラーアビリティ470(470)(栗)斉藤崇史122470.9-12.2-11.5 ◎
6 コマンドライン530(522)(美)国枝栄121454.3-14.0-13.6-13.2-13.5122257.1-15.2-14.5-14.0-13.4122464.9-12.1-11.7
7 サトノヘリオス476(472)(栗)友道康夫122663.4-15.2-15.2
8 ジャスティンパレス450(450)(栗)杉山晴紀121962.3-18.3-14.0-15.1-14.9122663.1-18.8-15.9-14.2-14.2
9 ボーンディスウェイ496(490)(美)牧光二122468.3-12.7-11.7
10 マテンロウレオ476(474)(栗)昆貢121552.2-14.6-13.2-11.9-12.5121955.2-15.9-14.7-12.5-12.1
11 クラウンドマジック512(502)(栗)加用正122453.9-15.3-14.1-12.2-12.3
12 オニャンコポン472(470)(美)小島茂之121552.1-13.4-0.0-0.0-13.6122556.6-14.5-14.6-14.0-13.5
13 フィデル468(478)(栗)友道康夫121953.8-15.1-14.1-12.3-12.3122260.5-16.2-15.4-14.3-14.6122664.2-15.1-15.0
14 タイラーテソーロ474(472)(美)栗田徹121255.5-14.7-14.2-13.6-13.0122154.7-13.9-13.5-13.6-13.7
15 アスクワイルドモア476(462)(栗)藤原英昭122354.8-15.5-14.2-12.8-12.3

馬体

私が毎回楽しみに見させていただいている
【日刊スポーツ極ウマ
佐藤てっちゃんのG1馬体診断】

元騎手の佐藤哲三氏が出走する中で上位5頭を選んで解説してくれます。
私のような初心者には知らない馬体のことやおウマちゃんの特徴などわかりやすく楽しいです。
とても勉強になり感謝しています!

1 【シェルビーズアイ】
2 【アケルナルスター】
3 【ラーグルフ】


4 【グランドライン】
5 【キラーアビリティ】


6 【コマンドライン】


7 【サトノヘリオス】


8 【ジャスティンパレス】


9 【ボーンディスウェイ】


10 【マテンロウレオ】
11 【クラウンドマジック】
12 【オニャンコポン】


13 【フィデル】


14 【タイラーテソーロ】
15 【アスクワイルドモア】

ウマ娘からみた血統

現在ウマ娘のキャラの血統を引き継いでいるウマたち
(2021/12/22日現在登録されているキャラになります)

 

アケルナルスタータイキシャトル
アスクワイルドモアゼンノロブロイ
オニャンコポンエイシンフラッシュ
キラーアビリティ
クラウンドマジックスペシャルウィーク、マルゼンスキー

マルゼンスキー

マルゼンスキー

グランドラインエアグルーヴ
コマンドライン
サトノヘリオススペシャルウィーク、マルゼンスキー

スペシャルウィーク

スペシャルウィーク

マルゼンスキー

マルゼンスキー

シェルビーズアイゼンノロブロイ
ジャスティンパレス
タイラーテソーロゴールドシップ、メジロマックイーン
フィデル
ボーンディスウェイ
マテンロウレオ
ラーグルフグラスワンダー

画像は【ウマ娘公式ウェブサイトより

ホープフルステークス 過去の成績

このレースの格付がG1に昇格した2017年以降のデータになります。

過去4年の1着ウマ

 

年度優勝馬通算成績オープンクラスでの勝ち鞍
2020年ダノンザキッド2戦2勝東京スポーツ杯2歳S(芝1800m)
2019年コントレイル2戦2勝東京スポーツ杯2歳S(芝1800m)
2018年サートゥルナーリア2戦2勝萩S(芝1800m)
2017年タイムフライヤー4戦2勝萩S(芝1800m)

ホープフルステークス2020

 

【レース映像 JRA公式You Tubeチャンネルより】

順位 馬名枠番馬番性別年齢体重増減斤量騎手タイム所属調教師人気単勝オッズ
1位 ダノンザキッド6102516-455川田将雅2.02.81 1/4(栗)安田隆行12.1
2位 オーソクレース1124801055クリストフ・ルメール2.03.0 1/2(美)久保田貴35.7
3位 ヨーホーレイク222502255武豊2.03.11 1/2(栗)友道康夫413.1
4位 タイトルホルダー6112470055戸崎圭太2.03.3クビ(美)栗田徹719.5
5位 シュヴァリエローズ7132444855北村友一2.03.4 1/2(栗)清水久詞514.4
6位 テンカハル352486-855坂井瑠星2.03.5 1/2(栗)矢作芳人13274.4
7位 アオイショー592464255石橋脩2.03.51(美)中舘英二832.1
8位 マカオンドール472490655岩田康誠2.03.74(栗)今野貞一937
9位 ヴィゴーレ342456-255横山武史2.04.4 3/4(栗)松永幹夫11175.2
10位 アドマイヤザーゲ7122498055吉田隼人2.04.51 3/4(栗)友道康夫619.2
11位 ホールシバン462508655丸山元気2.04.83 1/2(栗)高橋義忠12184
12位 バニシングポイント5824981055ミルコ・デムーロ2.05.4クビ(美)藤沢和雄1064.7
13位 セイハロートゥユー8152492-255木幡巧也2.05.5大差(美)牧光二14455
14位 モリデンアロー8142488-655山田敬士2.08.3(美)小桧山悟15601.9
競走中止 ランドオブリバティ2324781455三浦皇成——(美)鹿戸雄一23.5

ホープフルステークスの歴史やコース

【ホープフルステークスの歴史やコース。JRAより】

歴史

近年、2歳馬競走の開始時期の早期化および競走距離の多様化、特に中距離競走における競走内容の充実ぶりは顕著である。
その機運を受け、2014年に2歳中距離路線の頂点に位置する競走として、
従来阪神・芝2000メートルで行われていたGⅢの「ラジオNIKKEI杯2歳ステークス」を、
皐月賞と同じコース・距離である中山・芝2000メートルに移し、レース名も「ホープフルステークス」に変更。
格付けは前身のラジオNIKKEI杯2歳Sの競走実績を踏まえGⅡとなったが、2017年にGⅠへ昇格した。

競走名のホープフル(Hopeful)とは、英語で「希望に満ちた」「望みを持つ」という意味。

コースの特徴

中山・芝2000メートル(内回り)
ホームストレッチの直線入り口からスタートして、1コーナーまでは約400メートル。スタート直後に急勾配の上りがあり、1コーナーの途中までは緩い上りが続く。そこから向正面半ばまでが緩い下りで、3コーナー、4コーナーにかけてはほぼ平坦。最後の直線は310メートルだが、直線の半ばには再び急勾配の上りが待ち受ける。芝2000メートルのコースの中では、中京と並びタフな構造と言えるが、2014年の路盤改修後は、3コーナーからスピードに乗りやすくなった印象を受ける。2度の直線の坂越えをこなすパワーがある馬の中で、3コーナーから直線でスピードを持続できる馬ほど、好走しやすいコースと言えるだろう。

コース図


JRA公式
より引用

タイトルとURLをコピーしました